あなたの疲れやスランプの原因は貧血かも!貧血の症状や治療方法は?

こんにちは、やっしーです。

昔からサッカーをやっていて体力には自信があったのですが、大学2年生の頃に以下のことで悩んでいました。

以前走れていたタイムで走れなくなった

ダッシュを繰り返すと苦しい

それまでのサッカー人生はチームの中で体力には自信があり他の人より走れる方だったのですが、練習に付いていくのが精一杯ですぐに息苦しくなってしまうようになりました。

そんな同じ悩みを持っている方の役に立てたらと思います。

貧血を治して変わったこと

長距離走などのタイムが戻った

走るのが楽しくなった

貧血になる前のようにまた気持ちよく走れるようになりました。
貧血で苦しかったけど、それを乗り越えたときそれまで以上に競技を楽しめるようになりました。

どうしても他の人より疲れやすかったりすぐに苦しくなると練習や試合で足を引っ張ってしまい、競技そのものが辛く感じました。

出来たことができなくなる、努力してるのにタイムが伸びない・他人より劣る。。。嫌なことが続くとどんどん自分に自信がなくなりました。

でもぼくは自分が貧血だと気付くのに数年はかかりました。もっと早く気づいていれば、、、とものすごい後悔がありました。

自分が貧血だと分かればちょっと意識して私生活を変えるだけで、治すことができるのでもう一度自信を取り戻すために頑張りましょう!

貧血とはどんな症状?

ヘモグロビンが足りなくなってしまうことによって貧血になります。ヘモグロビンとは、身体のあらゆるところに酸素を運んでくれる役割をしています。

なのでヘモグロビンの数値が低いと、酸素が行き渡らなくなり、息苦しくなりやすい。

以下の数字を基準にしてください。

男性13g/dl以下

女性12g/dl以下

ぼくはたまたま健康診断で測ったのですが、

11g/dlぐらいでした。

軽い貧血だと言われましたが、スポーツやってる上では天と地の差があると実感しました。

さまざまな原因がある

女性の場合は生理などで貧血になる方も多いそうです。

ぼくの場合は汗が原因だと思います。鉄分が汗と一緒に出てしまい、結果的にヘモグロビンの減少につながります。またジョギングやダッシュをしたときに、足の裏に衝撃が加わることにより赤血球が破壊されて貧血になるパターンもあります。なので、スポーツ選手や身体を動かすのが好きな人は人一倍注意が必要。

食事や予防がたいせつ

鉄分が足りないので、積極的に摂取してヘモグロビンの数値を戻していきましょう。

鉄分が豊富な食材は

レバー

しじみ、あさり

マグロ

ほうれん草

小松菜

などです。鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。効果的に摂取するならマグロなどのヘム鉄から摂取するのがオススメです。

これらを毎日摂取するのが大変で、継続できないって人にはサプリメントがオススメです。

ドラックストアなど、手軽に鉄分が豊富に含まれたサプリメントを購入できます。ぼくは夜寝る前にいつも飲んでいました。

貧血は徐々に治していくしかありません。
毎日意識して鉄分を摂取したことにより数値は確実に戻ります。走るのがどんどん気持ちよく楽になり、元の状態に回復するでしょう。

まとめ

この記事をここまで読んでくれている人は本当にスランプみたいな感覚で辛いと思う。

でもあなたの能力のせいじゃないかもしれない。一度検査に行ってみたほうが良いですよ。

何度も言いますが、サプリメントで鉄分を摂取して数値を戻してからは走るのが気持ちよくなり、ダッシュも長距離も苦じゃなくなりました。

そして自分への自信を取り戻しました。

充実した競技生活を取り戻せることを祈っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です